ホーム > ニュース > 製品の正しい選択を容易にするために、顔認識アクセス制御マシンの機能タイプを比較します

技術革新

製品の正しい選択を容易にするために、顔認識アクセス制御マシンの機能タイプを比較します


リリースタイム: 2021-01-22 18:12:44 / ブラウズ: 657 / 記事のソース: www.jiminate.jp


アクセス制御製品の製造プロセスの継続的な改善という客観的な背景の下で、顔認識技術に基づくインテリジェントなアクセス制御システムは、さまざまなアプリケーションシナリオで自然に驚くべき結果を達成します。コミュニティ管理であろうと企業の出席であろうと、 顔認識アクセス制御機が第一選択であり、これだけでも顔認識技術の適用が避けられない傾向になっていることを示していますが、商品選定の過程では、対象商品の機能タイプをさまざまな角度から比較する必要があります。 お気に入りのアクセス制御製品を選択するためのデータと情報の参照を提供するために、結局のところ、類似の製品間の機能的なギャップは依然として客観的に存在します。

製品の正しい選択を容易にするために、顔認識アクセス制御マシン

まだ流行の予防と管理の時期にあることを考えると、アクセス管理の管理要件は特に厳しく、信頼できるアクセス管理システムがなければ、アクセス管理作業の全体的な効率を上げることはできません。 機械を理解すれば、機能が十分に強力であるだけでなく、実際の使用過程で管理効率も簡単に向上することがわかります。顔情報の入力が早い段階で完了していれば、その後の管理は基本的に自動化とインテリジェンスの状態になります。 アクセス制御管理の作業条件と環境を改善することは賢明な動きです。

一般に、今日のアクセス制御システムにはさまざまな種類がありますが、機能の強化により業界で統一された理解が形成され、顔認識技術の適用が拡大した後、同じ条件下でのアクセス制御管理のレベルも達成されました。 この場合、さまざまなチャネルからアクセス制御マシンの製品性能と機能特性を深く理解し、管理ニーズに合った選択を行う必要があります。これは、製品自体の機能上の利点を最大限に活用する上でも大きなメリットになると思います。

共有:

勤怠管理とAI顔認識、タッチスクリーンアクセスコントロールターミナル、AI赤外線温度測定ターミナルリーダー。

お問い合わせ
QRコードをスキャン 閉じる
QRコード
ライン二次元コード Close
スキャンQRコード