ホーム > ニュース > コミュニティ管理は、顔認識アクセス制御マシンに依存して、管理レベルを簡単に向上させます

技術革新

コミュニティ管理は、顔認識アクセス制御マシンに依存して、管理レベルを簡単に向上させます


リリースタイム: 2021-01-27 18:34:51 / ブラウズ: 611 / 記事のソース: www.jiminate.jp


エピデミックの予防と管理対策を整然と実施することは、コミュニティ管理にとって深刻な課題に相当します。コミュニティの住民を正確に管理できない場合、多くのエピデミック対策が本来の役割を失うことになりますが、現在では多くの都市で顔の認識アクセス制御機は、アクセス制御管理の理想的な選択肢と見なされています。

コミュニティ管理は、顔認識アクセス制御マシンに依存して、管理

住民の顔情報の入力が完了すると、コミュニティに入る人々をターゲットにして効率的に管理でき、自分で出入りできる人でもできます。要するに、地域にいない人は出入りできず、これはエピデミック対策の管理を強化するために不可欠です。

今日のアクセス制御製品には多くの種類があることを考えると、業界の動向を十分に理解していないと、機能の異なる製品に直面して選択するのが難しくなります。機能の種類と特性を十分に理解した後顔認識アクセス制御マシン、当然、コミュニティ管理の技術サポートと見なされます。

結局のところ、高度なテクノロジーの成熟したアプリケーションモードには、管理効率を向上させる技術的な利点があります。コミュニティ管理作業でさえ、複雑で厳しい状況に直面することがよくあります。 。アクセス制御システムを特定した後、管理効率も目に見えないほど改善できます。

アクセス制御システムや端末製品の開発速度は比較的速く、特定のアプリケーションシナリオに応じて機能タイプを柔軟に調整でき、温度測定機能も反映できるため、実装効率を向上させるための便利な条件となります。これは、多くの都市のコミュニティ管理の作業環境を改善するために使用できると考えられており、これに基づいて、人的アクセスの管理レベルも大幅に改善されます。

共有:

勤怠管理とAI顔認識、タッチスクリーンアクセスコントロールターミナル、AI赤外線温度測定ターミナルリーダー。

お問い合わせ
QRコードをスキャン 閉じる
QRコード
ライン二次元コード Close
スキャンQRコード