ホーム > ニュース > コミュニティアクセス制御の自動管理は、顔認識アクセス制御マシンの技術的な利点を強調しています

業界ニュース

コミュニティアクセス制御の自動管理は、顔認識アクセス制御マシンの技術的な利点を強調しています


リリースタイム: 2021-01-29 17:08:09 / ブラウズ: 585 / 記事のソース: www.jiminate.jp


顔認識技術の適用が徐々にホットトレンドになるにつれて、さまざまな業界の適用要件が完全に満たされますが、実際の効果から、アクセス制御システムの実用性と機能性がより明白になります。より多くのコミュニティが顔を採用しています標準化されたアクセス制御管理プロセスで過小評価できない高品質の製品としての認識アクセス制御マシン。さまざまなタイプのアクセス制御管理の問題を確実に解決するには、人間化された管理と実用的な機能で十分です。開発されたアクセス制御管理計画はまた、管理の効率とレベルを大幅に改善します。

コミュニティアクセス制御の自動管理は、顔認識アクセス制御マシ

簡単に言えば、アクセス制御システムにおける顔認識の役割はかけがえのないものです。マッチングアプリケーションシナリオにインストールされた後、ターゲットグループの顔情報を早期に入力することで、インストールおよび操作中にアクセス制御を実現できます。ステージ。これは間違いなく、顔認識アクセス制御マシンの技術的利点を強調するためにより直感的です。会社の出席要件であっても、単一の出席モードで強力な機能を反映する同じタイプのアクセス制御製品を選択することもできます。実用的値、この場合、アプリケーションシナリオを可能な限り一致させる上で有利な役割を果たす必要があります。

アクセス制御システムや製品の選択は、ブランドだけで客観的に判断するのは難しい場合が多く、機能タイプと顔認識の技術的応用を組み合わせて、期待される効果が得られるかどうかを客観的に分析する必要がありますこれは、アクセス制御管理の作業条件と環境を改善することによって行われた変更にも当てはまります。これにより、アクセス制御作業プロセスで発生するさまざまな問題も簡単に解決でき、同時に、アクセス制御システムの特定のグループも時間と固定アクセス制御管理モードで明確にすることができます。

共有:

勤怠管理とAI顔認識、タッチスクリーンアクセスコントロールターミナル、AI赤外線温度測定ターミナルリーダー。

お問い合わせ
QRコードをスキャン 閉じる
QRコード
ライン二次元コード Close
スキャンQRコード